カットのものさし

 カットのものさし.png

 



アファンの技術のものさしは、すべてにおいて基本を大切にすること。

どの世界においても,
数十年たっても変わらない普遍的なスタンダードな基本があると思います。



 アファンでのカットのスタンダードな基本は、

ビダル・サッスーンが考案した、ブラントカットを基本にしています。

カットをする前は、つむじから自然な毛流にとかし、
その人の骨格やパーツを見て、必ずシザーでカットをし、スタイルのベースを作ります。

ベースを切った後に、
質感(毛先の表情・毛量調整)などを出したいときは、
セニングシザー(削ぎバサミ)やレザーで質感を作ります。

レザーを使う時は、必ず髪を濡らし、2・3人カットすれば刃を取り替えます。

レザーを使用する時以外は、
必要以上に髪を濡らさないようにします。

カットが終わる頃には、
自然乾燥で、スタイルのライン、質感がわかるからです。

アファンでスタイリングする時は、
デンマンブラシでブローしたり、ロールブラシでカールをつけたりは、
できるだけしないようにしています。

自宅でスタイリングするのと、ほぼ同じ状態で帰っていただきたいからです。

また、ドライヤーの使用時間が少なくすることで、
髪に負担をかけないと考えるからです。

仕上げには、主にナチュラルなひまわりオイルや、ハンドクリームを使用します。

お客様が自宅で再現しやすいスタイルが、ベストだと考えています。

 

 

アファンの技術のものさしは、すべてにおいて基本を大切にすること。

どの世界においても,
数十年たっても変わらない普遍的なスタンダードな基本があると思いますす。
質感(毛先の表情・毛量調整)などを出したいときは、
セニングシザー(削ぎバサミ)やレザーで質感を作ります。

レザーを使う時は、必ず髪を濡らし、2・3人カットすれば刃を取り替えます。

レザーを使用する時以外は、
必要以上に髪を濡らさないようにします。

カットが終わる頃には、
自然乾燥で、スタイルのライン、質感がわかるからです。

アファンでスタイリングする時は、
デンマンブラシでブローしたり、ロールブラシでカールをつけたりは、
できるだけしないようにしています。

自宅でスタイリングするのと、ほぼ同じ状態で帰っていただきたいからです。

また、ドライヤーの使用時間が少なくすることで、
髪に負担をかけないと考えるからです。

仕上げには、主にナチュラルなひまわりオイルや、ハンドクリームを使用します。

お客様が自宅で再現しやすいスタイルが、ベストだと考えています。