石けんシャンプー・ナチュラルヘナを使用している、安全・安心な自然派美容院 アファン

アファンのものさし


 僕がいつもものさし(基準)にし、心に留めていること、

 思っている事などのキーワードをA〜Hで書いてみました。

 ヘアケア・カットパーマ・カラーの、アファンでの基本的な考え方も書いています。

 あくまでも、僕の個人的な考え方であり、アファンでの仕事のものさしにしているものです。

ものさしコラム


ボクがテレビ・雑誌・インターネットなどメディアを見ていて、感じたコトなどをかなり真面目にコラムにしてみました。



 ↓下のタイトルをクリックすれば、読むことができます。

無添加化粧品、無添加石けんなどの「無添加」の意味を理解していますか?

CMや店頭で無添加化粧品、化学物質無添加の無添加石けんなど
無添加」をうたった商品をよく目にします。

「無添加」とは特定の物質が使用されていないことを表す意味です。


しかし、何が無添加であるというような法律による規定はなく、
各メーカーによって無添加に対する考え方も違いますし、もちろん安全基準も違います。

一般的には、※旧表示指定成分が入っていなければ無添加と表現するメーカーが多く、
「旧表示指定成分無添加」「香料・着色料無添加」「パラベン無添加」(旧表示指定成分)など、
それらの表示基準も各メーカーにより違います。

そのような理由から、無添加であれば安全だということもありません。

先日、信頼できるメーカーの研究員との会話の中で、イソチアゾリノンの存在を教えていただきました。

一般的には、※パラベン(旧表示指定成分)という防腐剤が入っていなければ、安全だというイメージが強いようなので、
現在はパラベンの代わりに※メチルイソチアゾリノンという防腐剤を使用している場合が多いそうです。

また、2001年4月の薬事法改正後に承認されているので、一般的には認知度が低い化学物質です。

その他、「化学物質無添加の無添加石けん」などと表現している商品もありますが、
石けんは牛脂・ヤシ油・オリーブ油など動植物油に含まれる脂肪酸に、
化学物質である水酸化ナトリウムや水酸化カリウムなどのアルカリ塩を混ぜて、反応させて製造します。

そのようなことを考えると、「化学物質無添加の無添加石けん」という表現は矛盾しています。

「無添加」表示を安全基準にしないで、成分表示を確認してみませんか?

旧表示指定成分 

2001年4月より薬事法の改正により全成分表示が義務づけられました。

それまでは、厚生省で定められたアレルギーなどの皮膚障害などを起こす可能性のある成分(102種類の指定成分と香料)は必ず表示義務がありました。

それらの成分を「表示指定成分」といいました。

改正後はそれらを「旧表示指定成分」と表現することが多くなりました。

しかし、薬事法改正による全成分表示義務により、どの成分が安全で、どの成分が毒性なのかという判断については、消費者の自己認識・自己責任だとも受けとれます。

香料に関しては、天然香料も化学香料も「香料」で表示されています。

メチルイソチアゾリノン

2004年と2005年に日本やEU諸国で、新たに承認された防菌・防腐剤です。

工業用殺菌剤・防腐剤や化粧品・トイレタリー製品防腐剤などに、多用されている防カビ合剤の成分として、既に使用されている化学物質で、化粧品用に100ppmまでは、制限なく使用できることが承認されています。

CMにはニセ科学やトリックが多いのは知っていますか?

2007年1月に、TVの健康番組の捏造が社会問題になったことがありました。

捏造内容は「納豆のダイエット効果」について、ダイエット被験者の写真が無関係であったり、海外の大学教授の発言内容に制作側が勝手に日本語訳を付けるなど、その時の放送内容だけでも、他に数カ所の捏造が報告されました。

また、その番組を放送した直後から、全国のスーパーで納豆が売り切れ品薄で、異常事態になる社会現象にまでなりました。

捏造発覚後、訂正放送を行い、過去の数回にわたる放送の捏造についても報告し、突然、番組が打ち切られました。

過去の放送については、例えば「顔ヤセ特集」では、画像編集などをしていたことが、明らかになりました。

それ以前にも、他の番組の「白インゲン豆ダイエット」を見た視聴者が実践し、「激しい嘔吐」「急激な下痢」などの症状を示す患者が次々と、ある病院に運びこまれたこともありました。

しかし、今でも美容業界や健康業界などでは、捏造に似たニセ科学映像トリック言葉のトリックなどが多く使われています。

シャンプーなどのテレビCMでは、CGを使って一本の髪の毛を表現し、その成分が髪の表面全体を覆い、髪を修復するなどとうたっています。

そのテレビ映像の片隅には、「イメージ図」「模式図」などと小さく表示してあり、事実と違っていても、あくまでもイメージでしかないと言い切るメーカーの意図を感じます。

髪の毛が修復するということは、傷んではがれ落ちたキューティクルが、元のきれいな状態に再生するということです。

熱などによる物理的、パーマ剤などによる科学的な力で、一度傷んでしまった髪はどのような方法を使用しても、修復することは絶対にありません。

また、マイナスイオンドライヤーなどもありますが、マイナスイオンの定義ははっきりしておらず、ニセ科学の分野に属し、科学的効果が確実に実証されているものではありません。

その他、健康志向、自然志向の人達が信じているものの中にも、ニセ科学はたくさんあります。

健康業界のCMを見ても、「効用には個人差があります。」などと小さく表示し、言葉のトリックを使用しています。

例えば、テレビを見て健康食品を購入し、数年間飲み続けて、全く効果がでなくても、「効用は個人差があります。」と表示していれば、メーカー側には問題はなく、自己判断で購入し続けた消費者側の問題になるでしょう。

先日、東京の著作権情報センターに問い合わせたら、実験データやグラフなどは著作権外になることも教えていただきました。

実験というものは、周りの環境状態などにも左右され、同じ実験でも当然数値などが違う場合もあるからというような答えでした。

CMなどに使用されるグラフやデータなどは、もちろんメーカーの都合の良いものを掲載してあります。

CMの広告収入がないと、メディアの存続はありません。

メディアが多額のお金を払ってもらっているスポンサーに対して、不利な情報を流すはずがありません。

大切なことは、CMの宣伝文句に、疑問を持ってみることや、レジへ行く前に、もう一度商品の裏の表示などを見て確認することなど・・・だと思います。

CMなどを疑ってみませんか?

リンスとトリートメントの違いを知っていますか?

アファンでは安全な石けんシャンプーを使用するので、酸リンスを使用します。

パーマ剤やカラー剤の化学薬品を使用した後には、トリートメント剤を使用して、毛髪のPH等をベストな状態にすることが必要だと考えています。

一般的なリンスとトリートメント剤に含まれる化学薬品を調べるために、美容師が勉強するための本を、久しぶりに手にしてみました。

1994年発行の「SCIENCE of WAVE」、「サブタイトルはパーマネントウエーブとヘアケアの化学」です。

発行は14年前(2008年6月現在)、編者は日本パーマネントウエーブ液工業組合、当時の加盟会員・賛助会員のメーカー115社の技術委員が、それぞれの分野を担当し、文章を書いています。

最近の厚生労働省の化粧品等に関する大きな動きは、2001年4月の薬事法改正(化粧品の承認制度廃止・全成分表示制度)です。内容的には基本的に変わっていないと思います。

トリートメントのページに、「リンスとトリートメントの違い」というタイトルで次の文章が書かれていました。

そのまま引用します。

リンスとトリートメントの分類は非常に難しく、どちらも陽イオン界面活性剤と油剤を主成分として、それらを水に乳化するための乳化剤および、界面活性剤と温度安定性を良くするためのハイドロトロープ剤などからなります。
違いを挙げるとすれば、リンスよりトリートメントの方が有効成分が濃く、毛髪内部に浸透し状態を整える成分が、より多く配合されているという点です
また、リンスは毛髪の表面に作用し、塗布後比較的すぐに洗い流しますが、トリートメントは,毛髪内部まで、作用が期待されるもので、塗布して時間をおいたり、スチーマーや蒸しタオルで加温するなどしてより効果を高めてから洗い流します」


特に気になる部分を緑色文字にしてみました。


「リンスとトリートメントの分類は非常に難しく」
「違いを挙げるとすれば」
この2つの部分を読むと、リンスとトリートメントは、ほぼ同じものだと判断できます。

「作用が期待されるもので」
この部分を読むと、トリートメントは毛髪内部まで作用しないかもしれない、とも判断できます。

また、全体の文章を読むとリンスを塗布後、すぐに洗い流さなければ、時間をおいたり,加温すればトリートメントと同じような作用があるとも判断できます。

「トリートメントの概要」という成分・機能などの表を見ても、ほぼ同じものしか含まれていません。

あなたなら、リンスとトリートメントの違いをどのように判断しますか?

あなたが日常使っているドライヤーの風の温度はご存知ですか?

毛髪はアミノ酸等のタンパク質からできています。

タンパク質を熱の力によってカタチづけるのがブローです。
卵がお湯の温度差で半熟や固ゆでのゆで卵になるのと同じ熱変性の原理です。

毛髪のタンパク質に関してもドライヤーやヘアアイロンなどを日常使っているのであれば熱変性のことは考えなければなりません。

毛髪科学によると毛髪のタンパク質は60℃附近で急に強度が下がります。

ドライヤーの風の平均温度は120℃から125℃位です。
ドライヤーの送風口のところに手のひらを当てると数秒も我慢できません。

また、ヘアアイロンの平均温度は180℃位です。てんぷらを揚げる温度と同じ位と考えると、わかりやすいと思います。

アファンでは髪を乾かすのには温度も大事ですが、風量が大事だと伝えています。
洗濯物が乾きやすいのも天気がよく、風が強い日です。
できるだけ風量のあるドライヤーを使うことが、時間短縮にもなりヘアケアにも結びつきます。

ご自宅でカールをつけたいのであれば、片手で操作する温度の高いヘアアイロンより、両手で操作ができ、手で持てるくらいの温度のホットカーラーをおすすめします。

そのナチュラルヘナは、本当にナチュラルですか?

2001年の薬事法の改定で、ナチュラルヘナは認可されましたが、アファンでは1991年のオープン前から自己責任をとるという姿勢で取り組んできました。
ヘナについての情報が非常に少なかったので、当時神戸にあったインド領事館に行き、ヘナを取り扱っている商社などを調べていただきましたが、関西にはありませんでした。

東京の有名美容室時代のディーラーに数件問い合わせたところ、様々なタイプのヘナを入手することができました。
けれども化学的なニオイのするものや黒っぽい色・黄土色のものなどで、自分の持っているイメージと近いものは1種類だけでした。
母親や友人にモデルになってもらい全種類試してみましたが、染まらないものもありました。

試行錯誤をしている時、信頼のおける東京の美容関係者からナチュラルヘナを研究している方を紹介していただき、以来、アファンでは安全・安心なナチュラルヘナを使用しています。

今は店頭やインターネットなどでもいろいろなナチュラルヘナを見かけることができます。

過去に一度だけ、配送トラブルでナチュラルヘナが届かず、その日の予約のお客様に間に合わないかもしれないという事がありました。

認可後の出来事だったので、午前中にナチュラルヘナだけを販売しているメーカーのヘナを探して、においなども確認して購入し、アファンで使用しているナチュラルヘナと混ぜて、あるお客様に使用しました。
そのお客様が次に来店された時「今までのヘナと違いますか?、少し顔まわりが赤くかぶれました。」とのご指摘を受けました。

素直にその時に使用したヘナのことをお伝えし、お客様から勉強させていただきました。

それから信頼できる関西の業界関係者に問い合わせ、例えば100%ナチュラルでなくても、商品名には商標登録などで「○○○ナチュラルヘナ」と表示でき、販売できることも教えていただきました。

またヘナの根の部分を粉末にして商品化し、販売しているお店もあります。
パッケージには「色は染まりません。」と表示されています。
根の部分の粉末は使用したことがありませんが、僕には便乗商法にしかみえません。

最近、食品偽装問題なども社会問題になっていますが、僕たち消費者も少しは冷静に疑ってみるということも必要かもしれません。